専業主婦カードローンナビ

専業主婦が内緒でカードローンが作れるのか?

専業主婦がカードローンをつくれるの?

夫、つまり旦那さんに内緒でカードローンを借りるということはもちろんできます。基本的に主婦向けカードローンに限らずカードローン全般秘密厳守を方針としているので、旦那さんにも家族にもバレないということがほとんどです。特に女性向けという性質上、専業主婦の方が利用することも多いですし、専業主婦の方の場合、ほとんどは夫に内緒で借りたい、という要望を持っているので、それに答えて女性向けは夫に内緒で借りられるシステム、ということが多いです。ただ総量規制という法律があるので収入がない専業主婦の場合、消費者金融などのキャッシングはできません。
専業主婦の人は総量規制がかからない銀行カードローンを申込みましょう。

専業主婦におススメ内緒で借りれる銀行カードローンはこちら

1位新生銀行カードローン レイク新生銀行カードローン レイク→魅力は金利のかからない無利息キャッシングが選べること!

レイク

実質年率: 4.5%〜18.0%
利用限度額:1万円〜500万円
融資: スピード審査で即日振込OK!(審査によっては即日振込できない場合もあり)
特徴:専業主婦、パートの方も申込み可能!(本人または配偶者が安定した収入がある方)
  • 2つの無利息ローンが選べる!
  • お申込み後、パソコンや携帯電話の画面で審査結果を確認できます。
  • 平日14時までの、お申込みと必要書類の確認の完了で即日振込OK(審査により即日振込できない場合もあり)
  • 提携ATMの手数料無料!

レイク公式サイトはこちら

2位みずほ銀行カードローンみずほ銀行カードローン【エグゼグティブプラン】→魅力は低金利で借入できること!

みずほ銀行カードローン

実質年率: 年3.0%〜7.0%
借入限度額:最大1.000万円
融資: 即日振込(みずほ銀行口座お持ちでWEB完結申込みの場合)
特徴:キャッシュカード兼用型とカードローン専用型の借入が選べる!
  • みずほ銀行の口座をお持ちでない方でも最短即日審査回答可能!
  • ご利用限度額が200万円以下の場合、原則、書類提出はかまいません。(みずほダイレクトをご利用の方またはお手元に通帳をご用意いただける方)
  • ATM時間外手数料、ご利用手数料、振込手数料が無料!

みずほ銀行カードローン公式サイトはこちら

総量規制のこと知っておきましょう
総量規制とは2010年6月18日総量規制は完全施行されました。

これは賃金業法で定められています。
カードローンやクレカのキャッシングでの借入は消費者金融では年収の3分の1と決まっています。年収300万なら100万までの借入となります。専業主婦はここで収入がありませんので借入は不可能となります。
しかし銀行で訴求しているカードローンは銀行法ですので年収の3分の1を超えても借入可能です。
総量規制は、お金を借りる側、融資する側、双方に不利益にならないように定められたものですが、規制の隙間を縫って借入できることも事実です。
しかし、日々の生活が豊かになる借入で返済計画を立てて、返済が実行されているなら良いですが、無茶な借入をされている方が後を絶ちません。
無理のない範囲で緊急の時にしかカードローンは利用しない!という心づもりで利用しましょう。当サイトでは優良できちんと対応して頂けるローン会社を案内しておりますので安心してご利用頂けます。

専業主婦カードローンを旦那さんに内緒で借入する方法

 

専業主婦カードローン旦那さんにをナイショで借りることは可能です。お金の事で夫や子供たちに心配をかけたくない!との思いで旦那さんにナイショでお金を借りたいという専業主婦の方は現実多いようです。専業主婦が旦那さんにナイショで借入する方法について考えてみましょう!


旦那さんにナイショなら銀行カードローン

専業主婦がカードローンで借り入れするためには、夫の収入を担保にすることは避けられません。たとえば、「配偶者貸付」は、専業主婦がキャッシングする方法の1つです。
配偶者貸付は、夫の収入を担保として無収入の専業主婦でもお金を借入する方法となります。

配偶者貸付を利用するためには、

  1. 夫の同意書
  2. 婚姻事実を証明できる公文書
  3. 夫の収入証明書

これらの3つの書類をすべて提出する必要があります。

そのことから配偶者貸付を利用するさいには、どうしても夫にナイショで借入するのは無理と言えます。配偶者貸付の利用以外に専業主婦が借入する方法はあるのでしょうか?

 

それは銀行カードローンです。銀行カードローンなら配偶者貸付を利用しないで専業主婦でも借入できます。銀行カードローンでも夫の収入を担保にすることはかわりません。が、上記のような書類の提出は原則不要です!

 

ナイショの“ネック”は「夫の勤務先への電話確認」

旦那さんにナイショで借りられる銀行カードローンですが、落とし穴もあります
それは専業主婦の申込みを夫の勤務先へ電話確認する場合があるということなのです。
専業主婦の銀行カードローンでの利用条件を見ると、「配偶者の勤務先に連絡する場合あります。」との項目があるのです。それは専業主婦の申込みの場合には、必ず夫の勤務先に申込確認の電話連絡を入れるということではありません。が、場合によっては電話確認があることを示唆しています。
そして、もし夫の職場にカードローン会社から電話確認が来てしまった場合にはナイショで借りることはできませんよね。ですから、旦那にナイショで借入したい時は、銀行側に「夫の勤務先への電話確認は避けたい!」と旨をしっかり事前に相談して確認しておいた方が確実でいいかもしれません。ただし、その場合には旦那さんの健康保険証などの代替書類の提出が必要になる場合もあります。また、自宅への申込確認なら個人名で電話をかけてもらって専業主婦ご自身が応対すればよいのではないでしょうか。

専業主婦カードローンを内緒で借入したい人に・・・

余計なトラブルを起こすよりは、内緒の方がいい

秘密はよくないという方もいますが、無理に話して余計なトラブルを起こすよりは、むしろ内緒の方がいいとも言えます。中には借金というだけでこの世の終わりのような反応をしてしまう方もいますし、旦那さんがそうしたタイプの場合は、内緒で借りて、そのまま返済した方がいいでしょう。

大事なことは、返済すること

大事なことは、旦那さんに話す話さないではなく、しっかり返済することです。極端な話、返済さえしっかりできていれば、個人的に見ても社会的に見ても、旦那さんに内緒かどうかはそう大した問題ではないのです。例えて言うなら、家族の留守中に床に水をこぼしてしまって、それを家族が帰ってくる前に拭いて、何事もなかった」ように処理した、というような話ですから。

旦那さんに内緒でも返済出来る能力があること

旦那さんに内緒ということは、少し返済がしにくいということでもあります。突然パートを増やしたりすればその理由を説明するのも大変でしょうし、あらたにパートを始めるという場合も同じです。なので、内緒にしなくていいなら内緒にしない方がいいのですが、このあたりは臨機応変にやればいいでしょう。

カードローンはあくまで、緊急時のみ使う

当然のことですが、女性専用のローンも普通のカードローンと同じく、緊急時のみ使うべきです。借りられるからといってついつい追加で借りてしまうということがないようにしましょう。どんな種類のローンでも結局借りすぎが怖いのであり、ローン自体はまったく怖いものではないのです。必要な分を借りるだけならすぐに返せるはずですので、くれぐれもそうした使い方を心がけるようにしましょう。
主婦は本当に働きものです。仕事に就いている方、家事育児に専念している方、パートに出ている方、などパートナーの男性からしてみれば、生活費の足しや子供の養育費を稼ぐ頼もしい存在です。
そんな、主婦のために今月乗り切れるようにとカードローンを訴求している業者もあります。
決して無理な融資ではなく、本人が秩序を持ってカードローンを利用すれば、よりよい豊かな生活になるでしょう。
専業主婦カードローンの使い方は個人のモラルですからきちんとした返済計画を立てて借入しましょう。

 
専業主婦カードローンナビをご覧になっている方へ

当サイトへお越しくださりありがとうございます。主婦や専業主婦の方に向けた内容で、おまとめローン、水商売の方の利用、借入できる金額、クレジットカードのキャッシング枠、旦那さんの許可なしで借入可能、借入れの体験談、さらに節約の実例、などお金を借りる際の注意などいろんな角度から掲載しています。

更新履歴