レディースローンと普通のキャッシングの違い|専業主婦カードローンナビ

レディースローンと普通のキャッシングの違い

主婦の方がキャッシングするさいには、もちろん普通のキャッシングが利用できます。でも、「レディースローン」っていうキャッシングがあることをご存知でしょうか?!レディースローンは、主婦も含めた女性利用者にとってとても利用し易いローンなのです。レディースローンと普通のキャッシングの違いについてご紹介します。

 

レディースローンと普通キャッシングとの違いってなに?

 

レディースローンと普通キャッシングとの大きな違いをまず指摘すれば、普通キャッシングは性別を問わずに誰でも申し込んで利用できますが、レディースローンは女性利用者に限定されたローンとなるので男性では利用できないことなのです。さらに違いを指摘すると、普通のキャッシングでは受付担当者や審査担当者は男性となる場合が多いのですが、レディースローンの場合は女性スタッフがすべての手続きにおいて応対するシステムになっていることです。

 

レディースローンの場合は、特に女性ゆえのプライバシーに対してきめ細やかに対応している点が違いと言えましょう。もちろん、普通のキャッシングだって利用者のプライバシーには十分配慮してくれます。が、女性ならではの事情や主婦ゆえのプライバシーといった特別な理由がある場合に、担当者が男性だとどうしても言い出せなかったり、怖気づいてしまうこともあるのではないでしょうか?でも、担当者が女性スタッフだと、同じ女性の立場で配慮してもらえるので相談し易いと考えられます。
他の違いは、必ずしもそうではありませんが、女性限定ローンということから、男性に比べて収入の少ない女性に対する審査もやや柔軟になることがあります。また、金利が低めに設定されていたり、女性限定サービスを提供しているようなところもあるようなのです。他方で、融資上限額に関しては、普通のキャッシングの上限額よりも低くなっているところが多いと言えます。

 

レディースローンはどんな人に向いているのか?

 

レディースローンの利用をおすすめしたい人としては、まずキャッシング申し込み時に男性スタッフだと、どうしても抵抗を感じてしまったり、また怖気づいてしまうような女性でしょうね。レディースローンでは女性スタッフが対応してくれるので、緊張せずに申し込めて、いろいろと相談できると思いますよ。
次におすすめしたい人としては、パートやアルバイトで働いている収入が少なめの主婦の方です。パートで週5日フルタイムでばりばり働いているような主婦なら普通のキャッシングに申し込んでも問題ないと思います。しかし、週2〜3日で午前中のみのパートで働いている主婦などの場合は、普通のキャッシングではやや敷居が高くなってしまうケースが否めません。でも、レディースローンなら、様々な主婦としての事情や立場を審査でしっかり考慮してくれるので、そのような働き方をしているパート主婦でも敷居はそんなに高くないのです!
そして専業主婦にもおすすめしたいですね。消費者金融では無職無収入の専業主婦だと利用を断られます。しかし、消費者金融のレディースローンなら「専業主婦でも利用可!」となっているところは少なくありません。そのことから銀行カードローンの審査に通らなかったという専業主婦でも、審査がより柔軟で女性の立場に拠った審査をしてくれる消費者金融レディースローンなら審査に通ってキャッシングできる可能性は十分にあります。また、大手消費者金融のレディースローンよりも中小消費者金融のレディースローンの方が“借りやすさ”の点で言えば、収入ある主婦の方にも、また無収入の専業主婦の方どちらにもおすすめとなりますよ。

専業主婦カードローンおすすめはこちら