専業主婦カードローンの審査|専業主婦カードローンナビ

専業主婦カードローンの審査について

専業主婦は無職無収入ですので、本質的に審査に通り難い人と言ってよいと思います。なぜなら、無収入なので「返済能力はゼロ!」とみなされてしまうからです。しかし、夫の収入を担保にできれば、無収入の専業主婦でも「返済能力はある」と判断されてカードローン審査に通るのは可能となります。そのような中で実際審査に落ちてしまう人がいるのも現実にあります。専業主婦が審査に落ちる理由とはどのような理由があるのでしょうか・・・

 

配偶者の夫の収入や借入状況に問題あると審査に落とされる

専業主婦カードローンの審査

専業主婦がカードローン審査を受ける場合には、実質的に配偶者となる夫が審査されると考えてよいのです。なぜなら、専業主婦ご本人は、無職無収入なので、専業主婦を審査対象にしてしまうと審査に通る道理が無いと言えるからなのです。そのことから、もし専業主婦が審査に落ちてしまったら、落ちた理由は配偶者である夫になにかしら問題が認められた場合と考えられる訳なのです。
では具体的にどのようなケースが審査落ちとなるのでしょうか?

夫が金融ブラックの可能性

夫自身が、カードローン利用で返済延滞を繰り返していたり、任意整理等の債務整理をしていると、それらが金融事故扱いとなって信用情報機関にブラックとして名前が登録されます。そして、審査では必ず夫の信用情報を調べるので、もしブラックであると100%の確率で銀行カードローンの審査では落とされます

夫自身が多額の借金を抱えている

たとえば、夫の名前で住宅ローンなどの多額の融資を受けるローンを組んで返済中だと、専業主婦のカードローン審査では落ちる理由となってしまいます。

夫の雇用状態が不安定な場合

たとえば、夫の職業がタクシー運転手やトラック運転手であると、これら職業は比較的離職率の高い職業として金融会社ではみなすことがあるので、そのような場合には審査に落とされてしまうことがあります。

 

専業主婦自身の問題で審査落ちることもあります!

もちろん、専業主婦ご本人になにかしら問題がある場合も審査に落ちる理由となります。
たとえば、専業主婦が一度の3社も4社も銀行カードローンに申し込むと「申込みブラック」とみなされて審査に落とされます
また、短期間にたくさんの申込履歴が信用情報機関に残っている場合も「申込みブラック」と判断されて審査落ちの原因となります。

 

それゆえ、専業主婦がカードローンに申し込む場合には、一度には1〜2社の銀行カードローンに留めて、一度審査に落ちたら、少なくとも半年間は期間を置いてから新規に銀行カードローンに申し込むようにしてください。と言うのは、申込履歴は6か月くらい信用情報機関に記録が残ってしまうからです。

 

そしてクレジットカードの支払いを滞納したり、返済遅延が頻繁にあったりすることでもカードローン審査に落ちる理由となります。クレジットカードの延滞履歴も信用情報機関に記録されているので審査で調べれば一発で分かってしまいますよ。また、携帯電話料金の支払いを滞納していたり、国民健康保険料の未納がたくさんある場合も専業主婦が審査に落ちる理由になってしまうことがあるので注意してください。

専業主婦カードローンおすすめはこちら