専業主婦カードローンでの注意|専業主婦カードローンナビ

専業主婦カードローンでの注意

最近では専業主婦の方もカードローンを利用してキャッシングされている人はとても多くなってきました。そんな中でパートなどで収入を得ている主婦と専業主婦とでは、カードローンを利用する上で、やや違いがあることをご存知でしょうか?専業主婦カードローンを利用するにあたっての注意についてご紹介します。

 

専業主婦だと消費者金融カードローンの利用は難しい!

 

専業主婦の方がカードローンを利用する上での失敗例としては、審査の通らないカードローンに申し込んでしまうといったことになると思います。
パートなどで働いて収入を得ている主婦なら、原則としてカードローンは選びません。どの金融会社のカードローンにも申し込めて利用できます。

 

一方、専業主婦ではパート主婦のようにはいきません。それは専業主婦は無職無収入だからなんです。
無収入の専業主婦が利用できないカードローンは、「消費者金融カードローン」となります。なぜなら、消費者金融は年収の3分の1までしか融資できない総量規制の対象となるので、収入の無い人にはカードローンの利用を認められないのです。
そんな中で「消費者金融は審査が柔軟で借りやすい」とのウワサから審査に通らない消費者金融カードローンに申し込んでしまうのは専業主婦ゆえの典型的な失敗例と言ってよいでしょう。

 

専業主婦なら総量規制対象外のカードローンを狙おう!

 

専業主婦が利用できるカードローンは、総量規制の対象外となるカードローンとなります。
具体的に言えば、「銀行カードローン」です。銀行カードローンなら無収入の専業主婦でも、夫の収入を担保にお金を貸してくれます。しかし、銀行カードローンの利用において、ひとつ注意すべき点があります。それは「銀行カードローンの審査はカードローン審査の中でも一番厳しくなる」ということなんです。そして、審査が厳しめになるのは専業主婦の利用者にとっても例外とはなりません。つまり、“総量規制の対象外ということで専業主婦でも利用可能になる”ということであって、「専業主婦は銀行カードローンなら審査に通る!」とはイコールではないということなのです。
そして、専業主婦が銀行カードローンの審査にパスするのは簡単ではないのです。そのことから、専業主婦が銀行カードローンに申し込むときには、「なるべく審査が簡単で柔軟な銀行カードローンを選ぶ!」といった点に注意したいのです。

専業主婦カードローンおすすめはこちら