専業主婦カードローンの返済|専業主婦カードローンナビ

専業主婦カードローン返済は確実に!

専業主婦がカードローンでキャッシング利用する上において、一番問題となるのが「返済」と言えます。なぜなら、専業主婦の方は収入がないので返済が増えてしまうと対応できなくなってしまうケースが多いと言えるからです。専業主婦キャッシングでの返済での注意点に気をつけましょう。

 

借り過ぎない!がなによりも大事

専業主婦カードローンナビ返済について

専業主婦カードローンでキャッシングするさいには、夫の収入を担保にしてお金を借りることになりますから、専業主婦の返済能力は、夫の返済能に他ならないと言ってよいですね。そのことから、専業主婦カードローンでお金を借りるときには、なによりも夫の収入状態に見合う返済能力をしっかり把握しておくことが肝心なのです。

夫の収入状態に見合う返済能力を超えた借金をしてしまうと即返済不履行になって大変な事になります。夫の収入状態に見合う返済能力というのは、夫の収入から生活費や他ローンの返済分などのすべての諸経費を差し引いて残った余剰資金力となります。家計を預かる専業主婦なら、この点についてはしっかり把握されている方が多いと思われます。そして、この余剰資金力のうち、想定できる急な出費などに充てるためのお金をプールした残りのお金が純然たるカードローンでの夫の返済能力になると考えていただければ良いと思うのです。その返済能力いっぱいにカードローンでお金を借りてしまうのではなく、必ず余裕をもたせた借り入れを心がけるべきなのです。
そうすれば“借り過ぎ”は防げると思いますよ。そして、返済能力以上に借り過ぎない限り、返済できなくなってしまう事はまず無いと言えます。また、必ず「返済してからお金を借りる」という習慣を憶えてください。前の借金を完済しないうちにまたお金を借りてしまうと知らないうちに返済能力を超えてしまったということはあります。

 

返済に遅れるとペナルティーがある

どのような理由でも、1日でも遅れても、必ずカードローン会社から「遅延損害金」のペナルティーが課されます。たいていのカードローン会社の遅延損害金は、年率20%となります。そして、遅延損害金は遅れた分が返済されるまで日割り計算で課されることになりますもし返済が遅れたら一日も早く返済してください

 

また、遅延損害金は、毎月決まった期日までに返済する分とは別に返済する必要があるので注意してください。もし、専業主婦の方が返済に遅れそうになったら、必ずカードローン会社に返済が遅れてしまう事を連絡してください。もちろん、連絡したからと言って、遅延損害金が免除されることはありませんが、連絡を入れて相談すれば、たとえば「今月は利息分だけなら期日までに返済できそうですか?」といったような特別なオファーをカードローン会社からもらえることもあります。そして、オファー通りに利息分だけ期日に返済できれば、その月は返済遅延はなかったとしてくれて遅延損害金も発生しなくて済むこともあるのです。

 

専業主婦でも返済は絶対に遅れない!が大原則です。しかし、家庭事情によっては、「どうしても今月は返済に遅れてしまう!」ということはあるでしょう。そんな場合には、必ず返済が遅れる前にカードローン会社に連絡して相談することをおすすめします。連絡無しの返済遅延は、“カードローンの利用停止”などの最悪の事態を招いてしまう可能性だってあると考えておいてください。

専業主婦カードローンおすすめはこちら