専業主婦カードローンナビ

常時カードを利用しない

カードローンの正しい使い方

カードローンの正しい使い方は
  • 急場をしのぐことだけに使う
  • それ以外では使わない

ということです。これは誰もが頭ではわかっていることでしょうが、実際には麻薬を手にした人のようにずっと使い続けてしまうことが多いです。

 

それはカード会社にとっては利益となることのようですが、そうしてカードローンの印象が悪くなると、カード会社にとっても不利なことです。カード会社としてもそれは本当は本意ではないのです。彼らもあくまで「急場をしのぐ手助け」として融資をしています。そうした使い方をするのが、カードローンの正しいあり方だといえます。

専業主婦の場合の正しい使い方は?

 

専業主婦の方の場合、自分だけの収入というものがないわけですから、特に慎重にカードローンを使う必要があります。本当に必要な用事だけクリアしたら、あとは極端な話、キャッシュカードを2つに割って捨てるくらいのことをした方がいいでしょう。
もちろんカードがなくてもネットや電話などで追加融資の申し込みはできますが、それでもカードがなければ借りるのが若干面倒になり、ズルズル借り続けることはなくなります。このように「強制的に借りづらくする」ことが正しい使い方につながるひとつの手段ともいえます。

カードローン以前に、出費を抑えよう

そもそも、カードローンの正しい使い方というのは、要するに「お金の正しい使い方」です。まずは自分のお金の使い方を見直すことから始めましょう。不必要なものをやたら買い込む癖がついていないか、仕事をいやがる怠け癖がついていないかなどの点を振り返って「使う金額を減らす」「稼ぐ金額を増やす」という当たり前のことを徹底するようにしましょう。

 

収入がある主婦の場合

 

30日間無利息などのキャンペーンを利用しよう

今、消費者金融などのカードローン会社では「30日間無利息」というキャンペーンをやっています。日数は100日になったり7日間になったりカードローン会社によって異なりますが、いずれにしても一定期間のうちに返せば、利息を一切支払うことなく何事もなかったように返済ができるということです。消費者金融でローンできる主婦であれば、このような無利息サービスを利用するのはいい方法かもしれません。
こうした30日間無利息のルールをうまく活用すれば、急場をしのぎつつも、デメリットは一切ないという状態を実現できます。

 

専業主婦カードローンおすすめはこちら