専業主婦カードローンナビ

専業主婦のおまとめローン審査

おまとめローンの審査は収入がある主婦であれば通ります。おまとめローンは普通の借金と性質が違いがあります。普通の借金の場合、その人は「今から借りる」わけです。つまり「まだ審査が済んでいない」んですね。
おまとめローンの場合は、これまで借りていたローンをすべて一つにまとめる、というものです。「すでに審査はすんでいる」んですね。その人が今借りている分については、これまで融資したカードローン会社、A社、B社などがもうOKを出したということです。専業主婦の場合は銀行カードローンに限りおまとめローンに申込むことができます

 

よほど利息が膨らんでいない限りは大丈夫

たとえばヤミ金などに手を出して利息が膨らみ、その人の本来の総額規制の範囲内の金額(年収の3分の1)を超えてしまっていたら話は別です。しかし、年収の3分の1までは総額規制のルールによって貸し出していいことになっています。なので、おまとめローンの金額がその主婦の年収の3分の1なら、その時点でまず確実に審査に通るのです。

 

問題は、年度の切り替わりで年収が変わること

問題があるとしたら、年度の切り替わりによって、その人の「去年の年収」が変わることです。年収というのは、税金の決定でも何でも「去年の数字」でやっています。これはカードローン会社の審査でも同じです。(去年の年収しか、証明書が発行されていないからです)たとえば2014年無職で収入ゼロでも、2013年正社員で年収300万あった方の場合、2014年に審査を受けても「年収300万の人」として融資されます。しかし、これが年度が変わって2015年になると、とたんに借りられなくなります。去年の年収がゼロだからです。おまとめローンの審査に落ちることがあるとしたら、このような年度の切り替わりによって年収が違ってしまう、ということもあるでしょう

 

今現在収入があれば、大抵は大丈夫

今現在収入があれば、主婦の方でもおまとめローンは大抵大丈夫です。
上の例では2014年無職という極端な例を出しましたが、パートなど何らかの仕事をしている主婦の方が多いはずなので、そうした方の場合はおまとめローンの審査も問題なく通ります。

 

ヤミ金のような法定金利を超えた会社を利用していない限りは、毎月借金は減っているはずなので、総額規制のルールから言えば、おまとめローンを物理的に利用できるはずなのです。

 

専業主婦カードローンおすすめはこちら