専業主婦カードローンナビ

20万程度は借入可能

主婦でも借りれる金額がいくらくらいかは、カードローン会社にもよりますし、本人の収入や旦那さんの収入にも当然影響します。ただ、一般的に考えて『主婦でもこのくらいは借りれるだろう』と思うような金額は大丈夫です。具体的にいうと20万〜80万というところでしょう。

 

なぜ20万〜80万は借りれるのか?

この数字はあくまでアバウトなものですが、主婦の方でもパートをしている方は月5万円くらいのバイトをしているという女性が多いと考えます。月5万円稼いでいれば、年収は60万円です。ということはその3分の1までは借りれる、つまり20万まではOKということです。3分の1というのは「総額規制」というルールによって決まっているものです。その人の年収の3分の1まで、すべてのカードローン、クレジットカードを含めて借りられる、というルールです(クレジットカードの計算が曖昧なことが多いですが)。というわけでそれほど長時間働いていない主婦の女性でも、20万くらいは借りられることが多いのです。

 

もっと働いている主婦の場合は、さらに借りられる

主婦の方でももっとバイトをしている方は多いでしょう。月15万円くらい稼いでいる、という方も中にはいるはずです。そうした方の場合、年収は200万近くいくでしょうから、その3分の1ということで60〜70万は借りられます。それプラス、旦那さんの収入によっていざというときは補填してもらうことが可能なので、たくさん働いている主婦の方の場合、80万まではほぼ自力で行けるということです。

 

旦那さんの年収を頼りにできるなら、もっと借りられる

さらに言うと、旦那さんの年収が日本人の平均程度あって、その収入を当てにできるという場合はもっと借りられます。旦那さんの収入や職業にもよりますが、大体100万を超えるくらいも余裕でしょう。
事実、主要なカードローンの限度額は500万はあることがほとんどです。ジャパンネット銀行やオリックス銀行などは1000万というレベルなので、大抵のサラリーマンの家庭の場合、旦那さんを連帯保証人にできるなら、主婦でも100万は借りられると考えれるでしょう。

 

専業主婦カードローンおすすめはこちら