専業主婦カードローンナビ

条件が整わないと審査通過しない

審査に通りやすくする方法

カードローンの審査に通りやすくする方法というのは、正直特にありません。というのは年収や職業、勤続年数、家の居住年数など、直前になってどうしようもない項目でほとんどが決まっているからです。審査の段階でその人に何かできることというのはないのです。この点、面接当日の印象で採用される可能性もある就活などとはまったく違います。逆にいえばこれらの条件さえ整っていれば、普通に審査には通ると言えます。

審査に通るコツをあえて言えば・・・

 
「余計な一言」を言わなければ通ることがある

これはある方の体験談ですが、無事に借りられる直前まで行っていたのに、「余計な一言」を言ってしまったために落ちたということがあります。というのは、実家を離れてあるレンタルオフィスに住んでいたのですが、住所は実家のままになっていたのです。それで審査に通って「カードなどはこちらにお送りしていいですか?」と言われたんですね。
で、家族に見られるといやだなと思った彼女はそれを断り「今はレンタルオフィスに住んでいる」ということを言ってしまったのですが、それで落ちたわけです。普通のアパートを借りられなくてレンタルオフィスに住んでいるという人は最近多いので、カードローン会社の側もすぐに察したわけですね。当日の審査で何か変わることがあるとしたら、こういう「余計な一言」を言わないことも重要なポイントとしていえるかも知れません。

 

電話での印象はできるだけ良くする

その他、電話での印象で審査が左右されるということはあまりありませんが、それでも印象がいいに越したことはないでしょう。実際、電話口でも印象を良くしようと努力する人の方が、その後しっかり返済してくれる可能性が高いといえます。それは当然といえば当然で、返済するためには仕事をしなくてはいけません。そして、仕事というのは大抵の場合はコミュニケーションです。なので、電話口でコミュニケーション力が高いと感じられた方は、ぎりぎりの線ではその印象のおかげで通る、ということもあるでしょう。

 

基本的には、年収などの基盤を整えること

最後に繰り返しになりますが、やはり審査の本番でどうにかできることは限られており、基本的には年収などの基盤をしっかりするというのが一番なのです。仕事を好きになってたくさん働き、無駄な出費はしない、という自制心を持った自分を好きになることが大事です。

 

専業主婦カードローンおすすめはこちら