専業主婦カードローンナビ

専業主婦でキャッシングの審査に落ちた方の体験談

専業主婦でもキャッシングの審査に通ることはできますが、人によっては落ちてしまうことも当然あります。ここでは、実際に申し込んで落ちてしまった方の体験談を見ることで、どういうケースで落ちてしまうのか、逆にどういうケースだったら受かるのか、という参考にしましょう。

 

パートも全くしていないのがマイナスだったようです
(45才、愛知県)

私の場合、パートなども全くしていないのがマイナスだったようです。本人の収入がものの見事にゼロで、しかもそれが10年以上ずっとつづいているということで、あまり信用してもらえなかったようです。確かに自分でも、今の自分はお金を稼ぐ力がゼロだなと感じています。

これでも旦那の収入がしっかりあって、了承も取れているということであれば通ったのかも知れませんが、残念ながら了承を取るのは無理だったので、審査に落ちてしまいました。。

 

 

過去のクレジットカードの強制解約がマイナスだったのかも
(38才、神奈川県)

私は過去にクレジットカードで返済が遅れてしまい、強制解約になったことがありました。3年前なんですが、その記録がキャッシングの業界でも共有されていて、それで落ちてしまったのかな、と思っています。

その辺の詳しい仕組みはよくわからないんですが、借りようとしたカードローンはそっち系というか、クレジットカード系な感じだったので、多分そうかもしれません。過去の失敗って結構ついて回るんだなとあらためて思いました。

 

 

落ちたけど、落ちたら落ちたで何とかなるものだな、と
(44才・熊本県)

ちょっと急にお金が必要になってキャッシングの審査に申し込んだんですが、残念ながら落ちてしまいました。専業主婦ということでもともと不利なのはわかっていましたが、借りようとした金額が金額だったので、さらに無理があったと思います。

 

ただ、結局夫の親戚に頼んで何とかなりました。正直頼むのはすごい恥ずかしかったですが、腹をくくればこういう頼み事も結構できるものだな、と思いました。落ちたら落ちたでよかったのかな、と思います。

 

お金の貸し借りも信用の積み重ね

これらの体験談を見ていて特に気になるのは「過去の失敗がついてまわる」ということです。失敗も人間を成長させる糧というのは間違いないことですが、キャッシングの信用情報という点では、確実に傷となって残ります。後々の自分のためにも遅延などはくれぐれもしないようにしましょう。

 

専業主婦カードローンおすすめはこちら