専業主婦カードローンナビ

専業主婦はカードローンでいくらまで借りられる?

専業主婦カードローンでいくらまで借りられる?

専業主婦カードローンはいくらまで借りられるのでしょうか。主婦の場合ならその方の収入にもよりますし、現在の借入総額にもよりますし、旦那さんの収入にもよります。また、住んでいる家が賃貸か持ち家かなどの諸条件によっても変動します。専業主婦の場合は自分に収入がないため小額のローンとなります。具体的な例をあげるなら普通なら限度額が300万ほどローンできるのに対し、専業主婦の限度額は50万円というところもあります。

収入がある主婦なら・・・

 

旦那さんの了承を得ている場合

これはもっとも高く借りられるケースで、旦那さんの年収の3分の1とまではいかなくても4分の1くらいまでは可能かも知れません。もちろん、それもカードローン会社の方針によるので何ともいえませんが、たとえば旦那さんに電話確認などができるということであれば、相当な金額まで貸し出してくれるという会社が多いのではないかと思います。

 

旦那さんに内緒で借りる場合

これは収入がある主婦の方、本人の収入が一番大事になります。収入があるといってもパート・アルバイトなので、最大でも150万程度だと考えられます。103万を超えると扶養を外れてしまうので、それ以下の方が多いと思います。総量規制ルールにもとづいて年収の3分の1ということで、大体30万円までを目安と考えるといいでしょう。

 

こんな人は要注意

 

他社からすでに借入がある場合

これは当然借りられる金額が減ります。ここでも借入総額のルールが適用されて、そうした他社からの借入も合わせて年収の3分の1になるように計算されます。つまり、30万借りられる専業主婦の方が、すでに10万どこかのカードローンから借りているという場合には、20万まで新しいカードローンで借りられる、ということです。

 

過去に返済の遅延などがあった場合

これは当然借りられる金額が減ります。カードローンといっても信販系、銀行系などいろいろあり、それぞれ信用情報を管理する機関が違うので、情報が共有されていないこともあります。しかし、共有されていた場合には、過去の事故があだとなって、審査に落ちてしまうこともあります。あるいは審査に通っても借りられる金額が小さくなるなどのケースがあります。

 

このようにありとあらゆる条件によって主婦や専業主婦の方が借りられる金額は変化します。ご自身の場合どれに当てはまるかを考えて、借りられる金額を推定しましょう。

専業主婦カードローンおすすめはこちら