専業主婦カードローンナビ

専業主婦でも信頼さえあれば十分カードローンの審査に通る

専業主婦でも信頼さえあれば十分カードローンの審査に通ることは可能です。
ここではそのために必要な条件などを具体的に書いていきます。

 

他社からの借入総額が年収の3分の1未満であることが基本

これは借入総額のルールで専業主婦でなくても誰でも適用されるものです。昔はもっと甘かったのですが、今はこの総額規制のルールはかなり厳しくなりました(もちろんいいことですが。
年収の3分の1ということは、たとえばその主婦の方がパートなどで年間45万の収入を得ていたら、15万円までは借りられるということです。収入がいくらになってもこの3分の1というルールがそのまま適用されます。
他社からの借入がすでに15万ある専業主婦の方の場合、審査には通りません。逆にまだ借入が5万円しかない場合は、あと10万円借りることができます。
専業主婦の場合は収入がありませんから、これらの総量規制がかからない銀行カードローンでの審査に申込む必要があります。もうひとつは配偶者貸付という制度を利用して旦那さんの同意書などの提出により、配偶者の収入の3分の1借りれるということができます。

 

主婦や専業主婦カードローンも利用者が多くなってきている

世の中、共働きや旦那さんだけ働いている方などいろいろですが、主婦のカードローン利用の市場も少しづつ多くなっています。有名ローン会社も今まで一般向けのカード訴求を重きにしていましたが、主婦の専用のカードローンを訴求して、顧客の囲い込みに勢いが出てきています。

 

無利息期間がある
最短30分で審査回答
最低1000円からの借入ができる
限度額がはじめから少額
提携ATMが店舗モールや駅などにあるのでキャッシングしているとは思われない

 

パートなど何らかの仕事をしていること

やはりパート・アルバイトの仕事すらしていない専業主婦の方となると、審査に通るのはやや難しくなります。もちろん最終的には旦那さんを頼るという手もあるのですが、できればそこまで面倒なことにならなくても返済してくれるような人にカードローン会社としても貸出をしたいでしょう。何らかの仕事をして、ある程度稼いでいるということがやはり重要です。

 

旦那さんの年収、勤続年数などの条件がいい

これもやはり重要なことです。専業主婦の方の場合、収入の柱はやはり本人ではなく旦那さんなので、旦那さん次第でかなりの金額を借りることもできます。旦那さんの了承を得ているかどうかによっても審査の結果は変わってきますが、とにかく旦那さんの収入などの条件がよく、しかもその協力が得られるという場合は、かなり期待していいでしょう。

 

専業主婦カードローンおすすめはこちら

専業主婦でもカードローンの審査に通る? | 専業主婦カードローンナビ記事一覧

専業主婦の中には、10代で専業主婦として家庭を支えている人もいるでしょう。10代の専業主婦の場合にはカードローンで申込み、審査に通るのでしょうか?10代の未成年者だと原則カードローンは利用できない性別に関係なく、10代の未成年者の場合は、カードローンの利用は不可となります。それは法律によって「未成年者へのお金の融資は禁止されている。」からなのです。つまり、「未成年者は社会的責任能力が未熟なので、金...